芦田晋作の三文レビュー

音楽、映画、小説、漫画などを三文でレビューします。

"二死満塁"砂田弘

f:id:ashidashinsaku:20211101215420j:image

 

 

 

 

罰は何のためにあるのか。


少年は過失から、罪を重ね、子どもには重すぎるだろう罰の連続を受けていたが、罰することで彼を生かす大人が最後に現れた。


もしここに罰することを楽しむ大人が現れていたら、罰することを楽しむ大人がもう一人増えて終わりだった。