芦田晋作の三文レビュー

音楽、映画、小説、漫画などを三文でレビューします。

"嫌われる勇気"アドラー

"ペルソナ"中野信子

「このころの私は、すこしでも振動を与えたら死んでしまう、さなぎのようであったかもしれないと思う 多くのことを感じすぎ、上手に吐き出すこともできず、苦しかった」と振り返るかつての中野信子は今でも世の中に多くいるのではないだろうか。 さなぎは殻…