芦田晋作の三文レビュー

音楽、映画、小説、漫画などを三文でレビューします。

戦争

"チャーチルは語る"マーティン・ギルバート

チャーチルにチェスで勝てる政治家が永田町にいるか。 「我々はアメリカが日本との戦争に集中すると予想し、日本の敗北はヒトラーの敗北を意味しないが、ヒトラーが敗北すれば日本の息の根を止めるのは時間と手間の問題にすぎなくなると主張する準備をした」…

"太平洋の試練"イアン・トール

https://twitter.com/9zRf1jcbQQqxy17 https://www.instagram.com/ashidashinsaku https://m.facebook.com

"最強!世界の未来兵器"

https://twitter.com/9zRf1jcbQQqxy17 https://www.instagram.com/ashidashinsaku https://m.facebook.com

"戦争はいかに地球を破壊するか"ロザリー・バーテル

https://twitter.com/9zRf1jcbQQqxy17 https://www.instagram.com/ashidashinsaku https://m.facebook.com

"「第5の戦場」サイバー戦の脅威"伊東寛

https://twitter.com/9zRf1jcbQQqxy17 https://www.instagram.com/ashidashinsaku https://m.facebook.com

"カバーズ"RCサクセション

それは犬を描いた線を指でなぞる行為のことではない。 彼らはそこに模様を描き、サバンナを描き、豹の走る姿にしてしまった。 作ってもいない、壊してもいないものをカバーと呼ぶ人もいるが、創造者がインスピレーションを得て、壊されたもののことを原曲と…

"Guerrilla Radio"Rage Against the Machine

桜庭は首相に腕十字を決め、ヒョードルは大統領にロシアンフックを叩き込め。 絵描きは新しいゲルニカを描き、音楽家は自国の政治を歌え。 第三次世界大戦を止めるために。 https://twitter.com/9zRf1jcbQQqxy17 https://www.instagram.com/ashidashinsaku h…

"プーチン 最後の聖戦"北野幸伯

西側が団結して攻めてくるのではと怖かった、衛星国が逃げていくのではと怖かった、経済悪化で国民に支持されなくなるのが怖かった、側近に裏切られるのではと怖かった。 恐怖が高まると理性で制御できない。 スターリンの愚行から何も学んでいないのはロシ…

"平和の毒、日本よ"石原慎太郎

恐れは誰にでもある。 何を恐れるか、という違いだろう。 自分の立場を失うことだけを最大の恐れとする者は、日本が自立できなくなること、日本が自由でいられなくなること、日本が自尊心を失うことを恐れている者とは分かり合えない秤を持っているのだろう…

"「核の忘却」の終わり"秋山信将 高橋杉雄

それは待っている。 空に放たれることか、地にうずめられることを。 あるいはそこに佇むだけで終える生涯を。 https://twitter.com/9zRf1jcbQQqxy17 https://www.instagram.com/ashidashinsaku https://m.facebook.com

"フルメタル・ジャケット"スタンリー・キューブリック

https://twitter.com/9zRf1jcbQQqxy17 https://www.instagram.com/ashidashinsaku https://m.facebook.com

"チェ・ゲバラ 最後の真実"レヒナルド・ウスタリス・アルセ

道半ばで斃れた者を英雄にした。 革命の成就は劇的であるが、民衆が拍手しているのは果たされなかった物語の方である。 拍手は今も世界中に広がり、鳴り止まない。

"太平洋の試練"イアン・トール

この難解な現代詩は俗人には理解できまい、と悦に入る詩人は二流である。 「新たな空襲があるたびに、日本軍は膨大な量の無線交信を発し、それがハイポの解読作業をはかどらせた Aが中部大西洋のアメリカの島々、Pは中部大西洋の日本委任統治領、Rは南太平洋…

"戦争はいかに地球を破壊するか"ロザリー・バーテル

地球のどこかに集まることがある。 環境保護についての話し合いをしながら環境を破壊する戦争の準備もできている。 人間という生き物である。