芦田晋作の三文レビュー

音楽、映画、小説、漫画などを三文でレビューします。

小説

"新宿鮫"大沢在昌

鮫は新宿を泳いでいる。 鮫が見ている新宿は血の海である。 鮫が泳いでいる方向に新しい血のにおいがする。 https://twitter.com/9zRf1jcbQQqxy17 https://www.instagram.com/ashidashinsaku https://m.facebook.com

"菜の花物語"椎名誠

中上健次のやりきれない悲しみを見る眼差し、佐伯一麦の他人を拒否しきれない孤独な眼差し、椎名誠の人の侘しさを優しく見抜く眼差し。 大きな物語を必要としない小説。 物語を必要としない小説家。

"あ・うん"向田邦子

"高瀬舟"森鴎外

"十九歳の地図"中上健次

"燈籠"太宰治

みじめで、この取り替えたばかりの電球の下のつつましい幸せに戻って来られたことに感謝している。 「ああ まぶしい まぶしい 覗くなら覗け わたしたち親子は 美しいのだ」 女に無自覚に夢を見せる悪魔のことを男ともいう。

"ある帰宅"佐伯一麦

"トパーズ"村上龍

"鬼畜"松本清張

"さびしいまる、くるしいまる"中村うさぎ

誰でも何かへの依存の海の中で暮らしているのかもしれない。 これほど溺れてはいないというだけで。 パートナーがいても、再来年の印税まで前借りしても、ホストにありがとうと言われても、泳ぎ切ることにはならない海。

"ギケイキ"町田康

"ファースト・プライオリティー"山本文緒

小説が離婚させてくれた。 「私の小説は売れていなかった」 それでも、小説があれば、別れても生きていけそうな気がしたのだ。

"ノルウェイの森" 村上春樹

[Out of Print] 村上春樹 / 1Q84 Long Sleeved Tee (White) - [アウト・オブ・プリント] 村上春樹 Tシャツ [Out of Print] 村上春樹 / ねじまき鳥クロニクル Tee (Light Blue) - 村上春樹 Tシャツ [Out of Print] 村上春樹 / Murakami Novels Map Womens Rel…

"ぼぎちん バブル純愛物語" 横森理香

"センセイの鞄" 川上弘美

"鬼平犯科帳" 凶賊 池波正太郎

"佐竹君からの手紙" ビートたけし

"藪の中" 芥川龍之介

"鬼平犯科帳6 大川の隠居" 池波正太郎

"河原のアパラ" 町田康

"蛇淫"中上健次

それでも二人は家に火をつけるのだろうか。 母親の体ではなく心を燃やしたいのではないのか。 ライターで火をつけても、彼らの幸せを祈る声が現れるわけでもないというのに。

"関ヶ原" 司馬遼太郎

"高瀬舟"森鴎外

死ぬのが怖くない夜。 生き地獄から抜け出した夜、地獄を免れた夜、投獄される夜。 生きている喜びの夜。

"十九歳の地図"中上健次

こういう十九歳だったので生まれてきた感謝を持てない苦しさは分かる。 十九歳ならこの時期にこれぐらいのたうちまわらないと不自然だろう。 こういう人生が好転するのは、もう一人では生きていけないという敗北宣言をしてからである。

"人間失格" 太宰治

"アームストロング砲" 司馬遼太郎

"間食" 山田詠美

"窓ぎわのトットちゃん"黒柳徹子

どんな大人と出会えるか、どんな大人と出会ってしまうか、どんな大人になるべきか。 子どもを羽ばたかせるか。 子どもの未来を黒く塗りつぶすか。

"推し、燃ゆ" 宇佐美りん

"午後の最後の芝生" 村上春樹